アナウンサー「その(謎掛けの)答えはどうやって引き出しているんですか?」
ねづっち「あのーですね、今まで黙ってたんですけど、振られた時に絵を浮かべるんですよ。」
アナウンサー「絵を浮かべる」
ねづっち「絵を浮かべると絵の中にあるお題に関する関連ワードを並べるんですよね。でー、その関連ワードと同音異義語になるものを落ちに持ってくるというか」
アナウンサー「同音異義語、つまり言葉の音は一緒で意味が違う言葉ですね」
ねづっち「例えば目の前にお水があるじゃないですか。で、水に関連する言葉を浮かべて、それは水道であったり川であったり海とかそういうものであったり天然水、カルキ、とかいろいろあるじゃないですか。その中で水道だったら水曜日土曜日で“すいどう”が同音異義語になったりするので落ち持ってきたりとか、カルキだったら美容師さんがバリカンで刈るじゃないですか。それで刈る気(カルキ)があるかどうかです、みたいな。そっちに持ってきたりして考えるんですね」